低血圧が起こす問題を改善~栄養豊富な食事がキメ手~

関節症を予防

関節痛の特徴と原因はなにか

Health Care

ずっと、同じ姿勢で座っていたり、寝ていたりすると、急に立ち上がった時に痛みを感じることはあると思います。その関節痛の痛みには様々な原因があり、代表的な原因となるものは2つあり、変形性関節痛と、関節リウマチです。主に特徴です。 変形性関節痛とは、主に関節の老化からなるですのが特徴です。人間の関節は、軟骨がクッションの役目を果たしており、その軟骨のおかげで、人間はスムーズに運動できるようになっています。その軟骨が年を経る毎に、かけたり擦り減っていくことによって、炎症を起こしてしまいます。主に起こりやすいのが膝で、膝は人間の体重を支えている大切な部位です。加齢によって、足の筋肉が衰えるために、軟骨に負担が一層かかるようになり、痛みを発するようになるのが特徴です。 もう1つの原因である関節リウマチは、自己免疫疾患の1種で、膝に損傷が起きると、マクロファージなどの抗体が、化学反応を起こし、過剰な免疫反応が起こるようになります。関節痛とはこのような特徴をもっています

主な対策方法として

関節症を予防する方法は多くあります。特に水中ウォーキング、ストレッチ、ヨガなどが関節症を防ぐ方法として有名でしょう。また、関節にたいして敏感になることも重要です。関節にあまり負担をかけないようにしなければなりません。また、軟骨の老化には、コンドロイチンという物質の減少が原因となります。つまり、これを補給することで、関節症を引き起こす確率が減少すると思われます。主にコンドロイチンは、植物性のものには、納豆、オクラ、山芋などに含まれ、動物性のものは、牛や、豚の軟骨など主にねばねばしたものにh組まれることが多いと思います。これらの成分をしっかりとって老化を防ぎましょう