粗大ごみ回収を専門の業者に任せればとても楽

粗大ごみ回収を専門の業者に任せればとても楽

トラック

粗大ごみとして数えられるもの

ごみには不燃ごみと燃えないごみなどがあり、さらに粗大ごみがあります。粗大ごみになると気づかずに地域のごみ回収に出してしまうひとも少なくありません。
・テレビ
・冷蔵庫
・パソコン
・ベッド
・テーブル
以上のもので自治体の決めた指定袋に入らないものは粗大ごみになります。また、千葉や福島など、地域によってごみの基準も違います。

作業員

自治体の指定に沿う

粗大ごみ回収を自治体に頼むのであれば、流れが指定されているので守らなければなりません。たいてい粗大ごみ回収の連絡をして、そのあと指定の場所に回収のカードを貼って指定の日に出すことになります。このカードは有料で、貼られていないと回収されないので気を付けましょう。

不用品

不用品回収業者に頼む前にチェック

大きな家電や家具でも、なんとか自分で捨てることができますが、燃え殻や商品棚などは自治体では受け付けていないところも多いので、自分でなんとかするしかありません。ガスボンベなどの石油類でも、適切に回収して捨ててくれる不用品回収業者があるので、頼ると良いでしょう。なんでも回収してくれる業者でも、できないものもあるので注意が必要です。

ごみ処分の方法を比べよう【自治体と業者】

自治体

料金が安いのが最大の魅力です。どこにいても自治体の範囲内であれば回収してくれますが、家電リサイクルに指定されているものは回収してくれません。

業者

自治体のように回収日が指定されていないので、すぐに処分してくれるのが魅力です。重いものでも運んでくれるサービスがあるため利用しやすいです。

広告募集中