処分するものとしないもの

引っ越しの際にはゴミがたくさん出ます。引っ越し先にもっていっても使わないと予想されるものは捨てますが、このゴミや不用品の分別は気を付けて行なわなければ、資源の無駄になってしまうので気を付けましょう。

ゴミを見分けるための比較方法

産業廃棄物

企業が排出するもので、特別な処理が必要になることがあります。金属のくずや家畜が排出する糞尿などもそれに含まれており、その種類は20品目です。

一般廃棄物

事業系として分けられるものと、家庭用廃棄物があります。家庭用廃棄物の中には資源ごみもあり、自治体によって規定されています。事業系だと紙屑が含まれています。

きちんと分けることが地球のためになる

廃棄物の中でも分類があるので、しっかり知って対処する必要があります。自治体ではゴミの処分をスムーズにするためにこういった決まりを設けていますが、これは二酸化炭素の排出やごみ処理場の有効活用のためにも大切なことなのです。

不用品回収業者を利用するメリット

  • 品目や量で料金が決まるから分かりやすい
  • 自分で処分できないものも処分できる
  • クリーニングも利用できる
  • 買取してくれれば費用の足しにもなる

ゴミを処分するときに利用する不用品回収業者とは何かを知ろう

男性たち

便利な業者は知っておこう

そもそも不用品回収業者とはなんなのか、ゴミの処理は日常茶飯事なのでしっかり知っておいたほうがいいでしょう。不用品回収業者は大阪や横浜といった全国に数千社あるため、もし自治体の回収法が不便だと感じるならぜひ利用すべきです。

男性

こんなときに頼りになる!

引っ越し以外でも大阪や横浜の不用品回収業者を利用するケースはたくさんあります。例えば家具を買い替える場合です。古い家具でまだ使えるものがあれば買取してもらうことも可能です。また、ゴミ屋敷のような深刻な状態になったときの対処にも慣れているので頼りがいがあります。

ゴミ箱

料金体系とサービス

どのようなプランで利用できるかもチェックしておきましょう。まずは料金ですが、業者によって処分単価で判断する場合もありますし、定額プランを用意していることもあります。即日対応してくれるかどうか、買取してくれるかどうかも業者の経営母体によって変わってくるのでホームページを確認しましょう。

不用品がどのように回収されるか確認しよう

荷物を確認して業者選定

不用品がたくさんあるのならまとめて出したほうが良いです。まとめて出せるものがないか確認しましょう。そして業者を選定して2~3社に連絡をします。対応してくれるまでの時間やサービス、料金を確認すれば選びやすいです。

見積をしてもらう

見積は一社だけでなく連絡した業者すべてにしてもらいましょう。見積にかかる時間は量や範囲にもよりますが、30分程度で済みます。金額提示は後日になる場合もありますが、当日に出してもらえるケースもあります。

作業後精算する

ほとんどが作業後に精算になりますが、ある程度予算の目安はつけておくといいです。そのため、あまり追加料金がない業者だと助かるでしょう。精算はカードでできるところもあるので、支払い方法を調べておきましょう。

適切な処理が行なわれる

回収後はリサイクルされたり再生資源として使われたり、不用品は様々な使われ方をします。自治体や国の指定する処理方法にのっとって行なわれますが、詳しく知りたいのであれば業者に質問したり口コミを調べてみたりすると良いでしょう。

広告募集中